• ホーム
  • ゾビラックスを使えばヘルペスに対処できる

ゾビラックスを使えばヘルペスに対処できる

2019年11月03日
悩んでいる男性

ヘルペスはヘルペスウイルスの感染が原因で起こる病気です。
その中には色々な種類があり、症状が出る場所や、原因となるウイルスの違いによって分類されています。
このように色々な種類の病気がありますが、どれも共通しているのが一度ウイルスが体の中に入ると、完全にウイルスを除去することはできないということです。

しかし、ウイルスが体の中に存在していても、不必要に増殖をすることがなければ、悪影響を与えることはありません。
そのため、一度でもヘルペスに感染をした人はウイルスが増殖をしないように、常に気にかけておく必要があります。

その時に使うのが抗ヘルペス薬と呼ばれるもので、ウイルスの増殖を抑える働きがあります。
これを使えば、ウイルスが急激に増殖して体に悪影響を及ぼすことを予防できます。
抗ヘルペス薬にはいくつかありますが、その中のひとつがゾビラックスです。
ゾビラックスは抗ヘルペス薬の中でも最も古い薬になり、昔から多くの人が服用している薬です。

ゾビラックスはヘルペスに感染をした時に病院を受診すれば、医師の診察を受けて処方される種類の薬です。
そのため、必ず医師の出す処方箋が必要です。
ドラッグストアなどで購入できる市販の抗ヘルペス薬は塗り薬だけです。
ゾビラックスの塗り薬は市販されていますが、効果が限定的だというデメリットがあります。

口唇ヘルペスの時には水ぶくれができている部位につけることで、症状を和らげることができますが、それ以外の全身症状には効き目がありません。
そのため、ヘルペスの治療を根本的に行いたい時には内服薬が必須になります。

ゾビラックスはアシクロビルという成分でできている薬で、内服薬として使う時には1日に5回ほど服用する必要があります。
アシクロビルは持続時間が短いという特徴がある薬で、どうしても頻回に服用しなくてはいけません。
服用回数が多いので飲み忘れを防ぐような工夫をすることが大切になります。

ネット通販で購入すれば安心

ゾビラックスを手に入れたいと思った時には、ヘルペスを発症した時に医師の診察を受けて処方してもらうという方法が一般的です。
しかし、この場合には病院を受診する手間もかかりますし、薬代の他に診察代なども余分にかかってしまいます。
一度だけかかる病気の場合には、診察代も高くは感じませんが、何度も受診を繰り返すことを考えると、診察代が経済的負担となることもあるでしょう。

それはヘルペスが何度も再発をする可能性のある病気だということと関係しています。
最初に発症した時には普通に病院を受診して治療をしようと思えますが、ヘルペスのように何度も再発を繰り返す病気は、再発をするたびに受診をすることになると負担が大きくなります。

そういった負担を減らすためにおすすめの方法がネット通販を利用する方法です。
ゾビラックスは日本では医師の処方箋が必要な薬ですが、外国ではドラッグストアで購入できる場所もあります。
そういった地域のものを個人輸入している通販サイトを利用すれば簡単に手に入ります。

ネット通販では外国の商品を取り扱っていますが日本語での説明があるところを選べば購入は難しくありません。
しかし、こういった薬を使用する時は自分自身で薬についての知識を持つことが大切です。

ゾビラックスの副作用には頭痛や吐き気、眠気などがあります。
これらの副作用は軽度であれば様子をみているだけで大丈夫ですが、もしも頭痛が我慢できないほど酷くなったり、吐き気や眠気が強すぎる場合には病院を受診して医師の診察を受けましょう。

またヘルペス脳炎という合併症は中等症の後遺症を残すことがある病気です。
中等症の後遺症を残すような重篤な病気が昔は流行ることもありましたが、アシクロビルが登場してからは治る病気になったという歴史もあります。

関連記事
ヘルペスの感染は再発しやすい

もしかしてヘルペスができたかもしれないと言う疑いがある場合には、なるべく早めに皮膚科に行って適切な治療薬を処方してもらいましょう。ヘルペスができると非常に心配になりますが、薬を利用することで完治を目指せる病気です。ただし、再発しやすいため新たな感染を防ぐための治療が重要です。完治するまで根気よく治療

2019年07月05日
飲み忘れに気をつければクラビットの効果が期待できる

クラビットは、感染症の原因となる細菌を殺菌する抗菌薬、いわゆる抗生物質です。細菌のDNAの複製を阻害することで、殺菌的に作用します。キノロン系をもとにして人工的に合成・発展させたニューキノロン系の薬です。ニューキノロン系の中でも抗菌力が高いことが特徴で、色々な細菌に有効なため難治性の感染症にも効果が

2019年07月02日
クラミジアに感染する10代は多い

クラミジアは非常に感染しやすい性病で、特に10代女子の感染率が高く、女子高生10人中1人がなっている可能性があります。クラミジア感染者と性行為をした場合、1回の性行為で50%が感染してしまうため、注意が必要です。クラミジアは自覚症状があまりないため、放置しがちです。放置してしまうと体の内部までクラミ

2019年06月30日