• ホーム
  • ヘルペスの感染は再発しやすい

ヘルペスの感染は再発しやすい

2019年07月05日

もしかしてヘルペスができたかもしれないと言う疑いがある場合には、なるべく早めに皮膚科に行って適切な治療薬を処方してもらいましょう。
ヘルペスができると非常に心配になりますが、薬を利用することで完治を目指せる病気です。
ただし、再発しやすいため新たな感染を防ぐための治療が重要です。
完治するまで根気よく治療を続けましょう。

ヘルペスに効果があるといわれる薬は、バルトレックスやバラシクロビルです。
これらの薬を服用することで、ウイルスの増殖を予防できます。
ウイルスの増殖を防ぐことがヘルペスの完治につながりますので、薬を完治するまで服用し再発抑制に努めてください。
いずれにしろ、医師の処方の下でバラシクロビルやバルトレックスを服用することが非常に大切です。

用法容量を守り、ヘルペスの状態を観察しつつ服用してください。
大量の薬を飲んだからといって完治が早まるわけではありません。
最低でも5日間の服用が必要です。

初期段階のヘルペスは重症化することもありますので、1週間から2週間の服用になるケースもあります。
どのように薬を利用すれば良いのかは個人差がありますので、医師のアドバイスを受けながらヘルペスの再発抑制を行ってください。
帯状疱疹が出た時も速やかに皮膚科に相談してください。

その他にも皮膚の状態に変化が見られたときには、どのような違いが出たのかをきちんと医師に説明し、適切な処置を施して貰います。
例えば、バルトレックスを服用していた時に皮膚の痒みが強くなってしまった場合には、他の薬に切り替える必要が出てきます。
バルトレックスが体に合わないことも十分に考えられますので、副作用が出るかどうかをしっかりと見極めます。
バルトレックスを服用しているからといって安心してはいけません。
帯状疱疹やヘルペスは知らぬ間に広がってしまうことが多いです。
症状が広がらないうちに医師と相談をし、今後の治療方針を決めていきましょう。

中途半端にせず完治まで徹底する

自分の判断で薬を飲んだりやめたりする事はやめるようにしてください。
ヘルペスを完治させるには医師の力が必要です。
帯状疱疹やヘルペスの状態が薬によってどのように変わったのかをじっくりと観察していきます。

少しくらい良くなったからといって薬を中途半端に止める事は避けるべきです。
薬を塗った瞬間に効き目が出ると言うわけではなく、少しずつ作用していくものです。
医者の判断によって薬の服用期間が短くなったりしますが、その判断もウイルスの感染状態や帯状疱疹の状態がどうなっているのかを確認しながら適切な判断を行っています。
そのため、中途半端に自己判断をして薬をやめてしまうと完治できなくなってしまう恐れがあるのです。
薬を飲み始めた場合には完治するまで徹底するようにしましょう。
ヘルペスを治すにはこのような意識を持つことが非常に重要です。

バルトレックスを飲み始めたのに途中でやめてしまうと、ウイルスの増殖が見られることがあります。
ウイルスを完全になくさないと再発する可能性が残ってしまいます。
新たな可能性を潰すためにも、最後まで薬を飲み続けることが求められています。
再発抑制を果たすためにも、最後まで治療を行うようにしてください。
ちょっと良くなり始めたから薬を減らしたりやめてしまうと言う自己判断は、逆にヘルペスを悪化させてしまいます。
少しでも早く治したいのであれば医師の診断を仰ぎ、最後まで薬を飲むようにしてください。
基本的には5日間の服用で良いと言われていますので、症状が改善するまでには1週間はかかると思っていたほうが無難です。
1週間や2週間を過ぎてもヘルペスが治らない場合には、その他の治療が必要となるケースもあります。

関連記事
飲み忘れに気をつければクラビットの効果が期待できる

クラビットは、感染症の原因となる細菌を殺菌する抗菌薬、いわゆる抗生物質です。細菌のDNAの複製を阻害することで、殺菌的に作用します。キノロン系をもとにして人工的に合成・発展させたニューキノロン系の薬です。ニューキノロン系の中でも抗菌力が高いことが特徴で、色々な細菌に有効なため難治性の感染症にも効果が

2019年07月02日
クラミジアに感染する10代は多い

クラミジアは非常に感染しやすい性病で、特に10代女子の感染率が高く、女子高生10人中1人がなっている可能性があります。クラミジア感染者と性行為をした場合、1回の性行為で50%が感染してしまうため、注意が必要です。クラミジアは自覚症状があまりないため、放置しがちです。放置してしまうと体の内部までクラミ

2019年06月30日
カンジダの治療で使えるエンペシド

カンジダ膣炎は、女性の多くが悩まされる膣のかゆみやおりものの異変で気が付く病気です。女性の5人に1人は罹患したことがあるというデータもあるように、珍しい病気ではありませんが適切な治療をせずにいると我慢できない痒みに悩まされることになりますので早期の対応が推奨されています。カンジダ膣炎は、婦人科で治療

2019年06月27日