悩んでいる男性

デリケートゾーンの様々な不快な症状は多くの女性が経験するものです。
そんな症状の一つに膣カンジダが原因となっておこる強いかゆみや多量のオリモノなどがあります。
特徴的な症状が現れますが、デリケートゾーンの悩みとなるとなかなか人に相談しづらいと感じる人も少なくありません。

でも膣カンジダ菌は健康な女性なら誰もが潜在的に体内に持っているもので、けして恥ずかしいものでも特別なものでもありません。
様々な症状を引き起こす膣カンジダの原因や対処法に関する正しい知識を持つことが大切です。

カンジダは常在菌なので誰でも持っている

膣カンジダというのは、膣の中にいるカンジダ菌が増殖することで様々な不快な症状を起こすものです。
中でも特徴的なのが強いかゆみと独特の大量のオリモノが分泌されることです。
カンジダ菌そのものは健康な女性であれば膣の中以外にも、口の中や消化器官、さらに皮膚にも常在する菌で、誰もが持っているごくありふれた常在菌の一種です。

誰もが持っている常在菌の一種であるカンジダ菌が様々な原因により膣の中で増殖することによって、デリケートゾーンに明らかに通常の状態とは違う強いかゆみが起こります。
かゆみは入浴の際にシャワーで流す程度では収まらず、激しいかゆみは日常生活でも不快感があり様々な影響が出てしまうほどです。

そしてもうひとつ特徴的なのが酒粕やカッテージチーズのような白い独特のオリモノが大量に分泌されることです。
これらは常在菌であるカンジダの増殖が原因で起こる症状で、女性の5人に1人、つまり20パーセント程度の女性が経験する、女性特有の病気だとされています。

さらに強いかゆみから、患部を掻いてしまう事で膣周囲に熱感やひりひりした感じがしたり、刺激に敏感になってデリケートゾーンに発赤や発疹などができる事もあります。
膣周囲の状態が変化することで性交時に強い痛みを感じたり、排尿痛を感じる事にもつながります。

カンジダ菌自体は常在菌なので誰もが持っているため、誰もが膣カンジダを発症する可能性があります
膣カンジダは女性器に起こる感染症の中では最も頻繁にみられる疾患の一つですが、デリケートな問題でもあり、なかなか人に相談するのは勇気がいると考えている人は少なくありません。
でも、膣カンジダにかかることは決して恥ずかしい事でもなんでもなく、大切なのは正しい知識と対処法を理解することです。

免疫機能が低下しているとカンジダになることもある

膣カンジダを発症する原因は常在菌であるカンジダ菌が膣の中で大量に増殖することです。
誰もが体の中に持っているカンジダ菌は普段その他の常在菌とのバランスを保って共存しているのですが、ストレスや疲労などの影響により体調が崩れる事で免疫機能が低下した状態になると、常在菌のバランスが変化してしまいます。

さらに膣内の環境が変わることで膣の中のpHバランスが変化することも、カンジダ菌が膣内で大量に増殖することに繋がります。
その他にも、毎月の生理の前後の時期や妊娠の影響でホルモンバランスが急激に変化したり、糖尿病などの病気に起因した原因のために免疫機能が低下して体調を崩すことも原因の一つになりえます。

もっと日常的に起こりやすい、例えば寝不足が続いて疲労やストレスがたまった状態の時や、風邪をひいて体力が落ちる事も免疫機能の低下につながります。
そして夏の暑い時期の蒸れや、運動の発汗によって高温多湿の状態になる事もカンジダ菌の増殖に繋がりやすいと言われています。
そうした外的な要因がそろった時に体力が落ちて免疫機能が低下している状態だと膣カンジダを発症しやすい条件がそろう事になります。

免疫機能は元々人の体に備わった自己防衛機能で、人の体はこの免疫機能によって様々な外敵から守られ健康な体を維持することができるものなので、いわば免疫力のおかげで全身の健康が守られているということです。

ところが様々な要因によって免疫力が低下すると特に皮膚の粘膜の機能が低下しやすくなるため、細菌やウイルス、病原菌などが体に侵入しやすくなります。
膣カンジダも免疫機能が低下することで膣内の粘膜にカンジダ菌が増殖しやすくなることで発症するというものです。

抗生物質を服用しているとカンジダになることもある

人の体を様々な外敵から守ってくれる免疫機能は、ストレスや運動不足、睡眠不足、普段の食生活の栄養バランスの偏りなども影響して急速に低下しやすくなります。
また、抗生物質を使用することも膣カンジダを発症する原因の一つになると言われています。

抗生物質を使用すると、体内の細菌が抗生物質の効果で殺菌されます。
重篤な感染によって起こる病気を治療するためには、抗生物質を使用して効果的に菌を殺す治療は有効ですが、抗生物質は本来体に害を与えるものではない常在菌も殺してしまう効果があります。

つまり爆弾を落とすことで敵も味方も根こそぎ退治してしまう事と同じで、敵である病気の原因となる菌だけでなく、もともと体の中にある本来は味方である常在菌も同時に殺してしまう為、結果的に常在菌のバランスが崩れてしまいます。

カンジダ菌は一般的な抗生物質ではなく抗真菌薬でなければ効果がないため、通常の抗生物質を服用するとカンジダ菌以外の常在菌は減少して菌のバランスを崩し、抗生物質の効かないカンジダ菌が増殖することで膣カンジダを発症することに繋がります。

病気の治療の為に医師から処方された抗生物質を服用した後に、女性が性器周辺に不快な症状が現れた場合は抗生物質の影響によってカンジダ菌の増殖を疑ってみる必要があります。
中でも特に糖尿病患者やステロイドなどを服用している人に、症状が強く出る事が多いと言われています。

病気の治療の為に抗生物質を服用することで、膣の中を他の病原菌などが入ってこない状態にしている菌まで殺してしまう事になれば、膣内の菌のバランスが乱れて一般的な抗生物質では死滅しないカンジダ菌が増殖しやすい環境を作る事になります。
結果的に膣カンジダが発症しやすくなるという仕組みです。

カンジダにならないためにも常に清潔にすることが大事

膣カンジダを発症しても、かゆみの感じ方が軽い段階ならば性器周辺や外陰部を通気性の良い状態に保ち、しっかりと睡眠をとって疲れやストレスを軽減させて免疫力を高めるだけでも症状が良くなることが考えられます。

そのためにはきつい下着をつけるのをやめて外陰部の通気性が悪い状態を改善したり、外陰部を常に清潔な状態に保っておくこともとても大切になります。
ただし、清潔を意識するあまり外陰部を石鹸などで洗いすぎるのはかえって逆効果になる事もあります。

特にかゆみなどがあると膣の内部も綺麗にしたいと必要以上にビデで洗浄する人もいますが、膣内の菌のバランスが乱れやすくなりかえって症状が悪化することもあります。
また、膣座薬などを使って治療中の場合にはなおさら膣内をむやみに洗浄するようなことは避けなければなりません。
外陰部を清潔に保つためには、洗浄力の強い石鹸などを使って過度に洗う事を避け、表面をサッと流す程度にとどめるようにしましょう。
また清潔に保つために、たとえば生理用のナプキンやオリモノシートなどをこまめに取り替える事や、通気性の良い素材でできたゆったりとした下着や服装を心がける事も大切です。

膣カンジダは一般的な性感染症とは異なるため、性交は絶対にしてはいけないというものではありませんが、性交の刺激によって膣粘膜に炎症が起きたり、手や指から雑菌が感染したりする可能性も心配されます。
その為できれば性交は控え目にすることを心がけましょう。

膣カンジダはカーネステン膣錠やニゾラールクリームといった専用の薬を使うことできちんと治療ができる病気です。
いつもと違う強いかゆみや酒粕のような独特のオリモノの症状があれば、できれば早い段階で専門医を受診して薬の処方を受けるようにしましょう。
そして予防のためには常に清潔を保つことも重要なポイントです。

記事一覧
ヘルペスの感染は再発しやすい

もしかしてヘルペスができたかもしれないと言う疑いがある場合には、なるべく早めに皮膚科に行って適切な治

2019年07月05日
飲み忘れに気をつければクラビットの効果が期待できる

クラビットは、感染症の原因となる細菌を殺菌する抗菌薬、いわゆる抗生物質です。細菌のDNAの複製を阻害

2019年07月02日
クラミジアに感染する10代は多い

クラミジアは非常に感染しやすい性病で、特に10代女子の感染率が高く、女子高生10人中1人がなっている

2019年06月30日
カンジダの治療で使えるエンペシド

カンジダ膣炎は、女性の多くが悩まされる膣のかゆみやおりものの異変で気が付く病気です。女性の5人に1人

2019年06月27日
膣トリコモナスかどうかはオリモノを見れば分かる

女性のデリケートゾーンに不快な症状が現れる病気のひとつに膣トリコモナス症があります。主に性交渉によっ

2019年08月04日
尿道の痛みが強いときは淋病の疑いあり

STDである淋病は、女性よりも男性の方が症状が現れやすいです。淋病はSTDの中でも特に感染力が高いた

2019年09月01日